< NOMOのメジャー成績|メジャーリーグのパイオニア野茂英雄

NOMOのメジャー成績

NOMOのメジャー成績

野茂さんがメジャーへ挑戦して大活躍したことで、MLBのチームが日本人選手を獲得したい!と思うようになり、日本人プロ野球選手もメジャーが夢ではなく現実のものとして目指すようになりました。同じくメジャーに行った吉井理人さんが自著「投手論」の中で、「メジャーでの生活の仕方は全ての野茂から入った」と書いています。クラブハウスでの過ごし方や、クラブハウスボーイに払うチップ、スパイクを磨くのは誰に頼めばいいのか。マウンド以外での過ごし方を野茂さんから始まったといっても過言ではありません。

NOMOメジャー成績&表彰

  • メジャー通算投球回…1976回1/3
  • メジャー通算勝利数…123勝
  • メジャー通算奪三振数…1918個
  • メジャー通算完封数…9回
  • メジャー通算完投数…16回
  • メジャー最多奪三振…2回(1995年、2001年)
  • 1試合最多奪三振数…17個
  • ノーヒット・ノーラン… 2回(1996年、2001年)両リーグ通じてのノーヒット・ノーランはMLB史上4人目
  • MLBオールスターゲーム出場…1回(1995年)先発投手
  • 開幕投手…3回(2000年、2003年、2004年)
  • シーズン最多完封… 3回(1995年)
  • シーズン最高防御率…2.54(1995年)
  • MLB新人王…1995年
  • MLB月間MVP…2回(1995年6月、1996年9月)
メジャーリーグを観戦しよう!

NOMOに続け~!!

野茂さんは野球がしたい。野球ができる環境に身を置くためにアメリカへ渡りました。ある番組の企画でメジャー行きが決まった野茂さんとマイナーリーガーとスポーツジャーナリスト二宮清純と「メジャーリーガーへの夢」というテーマで話をした時に、マイナーリーガーが野茂さんに「ところで野茂さんは英語が話せるんですか?メジャーリーグのベンチで英語が話せないとイジメに合うかもしれませんよ」と言われて、なんと答えたかというと【僕は英語を覚えるためにアメリカに行くわけじゃない。野球をやりに行くんです】オリックスからメジャーに行った長谷川滋利さんは、「メジャーリーグで野球をしたいからアメリカに渡ったのではなく、アメリカに住みたいからMLBに行った」と話をしています。それぞれいろんな思いを持ちメジャーを目指して行きますが、野茂さんの活躍を見て多くの野球人がメジャーへと続いていきました。

メジャーへ挑戦した野球人:内野手

井口資仁
2003年の契約の際経営体制とオーナー代行が辞任した場合ア自由契約の選択権ありの覚書から、2004年ダイエーからメジャーへ。 (2005年~2007年), PHI (2007年), SD (2008年), PHI (2008年) 2009年日本球界(ロッテ)に復帰、現役続行中。
岩村明憲
2006年ヤクルトからポスティングシステムを使いメジャー移籍。TB (2007年~2009年), PIT (2010年), OAK (2010年)2011年日本球界(楽天イーグルス)に復帰後、ヤクルトで現役続行中。
川﨑宗則
2011年福岡ソフトバンクから海外FA権を行使してメジャー挑戦。 SEA (2012年), TOR (2013年~)
中島裕之
2012年西武から海外FA権を使いメジャーへ。 OAK (2013年) 公式戦出場なし。
中村紀洋
2004年近鉄からポスティングシステムでメジャーへ。 LAD (2005年)2006年に日本球界オリックス)に復帰後、中日、楽天、現在ベイスターズで現役続行中。
西岡剛
2010年ロッテからポスティングシステムでメジャーへ。 MIN (2011年~2012年)2012年11月日本球界(阪神)に復帰、現役続行中。
松井稼頭央
2003年西武からFA権を行使してメジャー行き。 NYM (2004年~2006年), COL (2006年~2007年), HOU (2008年~2010年)2010年11月日本球界(楽天)に復帰、現役続行中。

メジャーへ挑戦した野球人:外野手

松井秀喜
2002年巨人からFA権を行使してメジャー行き。 NYY (2003年~2009年), LAA (2010年), OAK (2011年), TB (2012年) 2012年12月28日引退。
新庄剛志
2000年阪神からFA権を使いメジャー移籍。 NYM (2001年), SF (2002年), NYM (2003年) 2003年日本球界(日本ハム)に復帰後、2006年引退。
青木宣親
ヤクルトから2011年ポスティングシステムを使いメジャー挑戦。 MIL (2012年~2013), KC (2014~)
イチロー
2000年オリックスからポスティングシステムを使いメジャーへ。 SEA (2001年~2012年), NYY (2012年~)

メジャーへ挑戦した野球人:外野手・内野手

福留孝介
2007年ドラゴンズからFA権を行使してメジャー移籍。 CHC (2008年~2011年), CLE (2011年), CWS (2012年) 2013年1月日本球界(阪神)に復帰、現役続行中。
田中賢介
2012年日本ハムから海外FA権を行使してメジャーへ。 SF (2013年)

メジャーへ挑戦した野球人:キャッチャー

城島健司
2005年福岡ソフトバンクからFA権を使いメジャー移籍。捕手としては日本人初。 SEA (2006年~2009年) 2009年日本野球界(阪神)に復帰後、2012年引退。
プロの指導がうけられるクリニック