< メジャーへ挑戦したピッチャー達 後編|メジャーリーグのパイオニア野茂英雄

メジャーへ挑戦したピッチャー達 後編

メジャーへ挑戦したピッチャー達 後編

FA権を行使してメジャーリーガーになった第一号は1997年の吉井理人選手です。当時はヤクルトスワローズに所属していました。近鉄バッファローズの時には、野茂さんと一緒のチームメイトでしたが、吉井さんもまた鈴木啓二監督との確執もあり1995年にトレードでスワローズに移籍しています。1997年にFA宣言をして、巨人からもオファーを貰い巨人かメジャーかと揺れていた時に、野茂さんからの電話で「自分の気持ちに正直になったほうがいいですよ。立ち止まって、自分が何をやっているのかを考えるんです。自分自身をよく見つめるんです。」という言葉で、メジャー行きを決断しました。FA権を取得するまで日本の球団で一定の活躍をする必要がありますが、野茂さんが渡米した頃にはなかった制度です。ポスティング・システムもありませんでした。プロの野球選手がMLBに行くには、FA権取得がごくごく当たり前ですが、田澤問題ともいわれる出来事がありました。

田澤純一選手は高校卒業後は社会人野球の新日本石油に入社しています。2006年入社2年目で社会人野球日本選手権大会でベスト4に入る原動力になりました。2008年ではMVPにあたる橋戸賞も受賞して、さてドラフトでどうなるか?!と注目を集めていたところ2009年9月の記者会見でメジャーリーグ挑戦の意思を表明してドラフト指名を見送って欲しい旨の文書を送りました。ドラフト上位指名間違いない選手が、日本球界入りを拒否してメジャーで挑戦したいという表面は「田澤問題」となり、ドラフト制度に問題提起されることになりました。この田澤問題ともいわれるドラフト指名を拒否して海外プロ球団と契約した選手は、一定期間はNPB所属球団とは契約できないというルールが設けられることになりました。

結局、田澤純一選手の時には社会人選手がメジャー挑戦を希望しているのを阻害することは、職業の選択の自由に反するということもあって例外扱いとなり、レッドソックスと契約しました。マイナー契約することなくメジャー契約を結んだ初めての日本人選手となりました。

メジャーリーグを観戦しよう!

メジャーへ挑戦した野球人

高橋建
2008年広島からFA権を行使してメジャー移籍。 NYM (2009年)2009年12月に日本球界(広島)に復帰後、2010年引退。
高橋尚成
2009年海外FA権を行使してメジャー行き、マイナー契約から開幕前にメジャー入り。 NYM (2010年), LAA (2011年~2012年), PIT (2012年) CHC (2013年) 2013年12月日本球界(横浜ベイスターズ)に復帰、現役続行中。
多田野数人
大学時代のスキャンダルからドラフト指名がなかったたため大学卒業後メジャーへ。CLE (2004年~2005年) 2007年大学生社会人ドラフトで日本ハムに入団。現役続行中。
建山義紀
2010年日本ハムから海外FA権を行使して、メジャー移籍。 TEX (2011年~2012年)
野村貴仁
2001年巨人を退団後メジャーへ挑戦。 MIL (2002年)2003年日本球界(日本ハム)に復帰後、2004年台湾球界へ移籍して引退。
長谷川滋利
1997年オリックスから日本人初となる金銭トレードでメジャーへ移籍 ANA (1997年~2001年), SEA (2002年~2005年)2006年引退。
福盛和男
2007年楽天からFA権を行使してメジャー移籍。TEX (2008年)2009年入団テストを経て日本球界(楽天)に復帰後、2010年に引退。
藤川球児
2012年阪神から海外FA権を行使してメジャー移籍 CHC (2013年~)
松坂大輔
2006年西武からポスティング・システムを利用してメジャー移籍。 BOS(2007年~2012年), NYM (2013年~)
水尾嘉孝
2003年西武から戦力外通告を受け、メジャー挑戦。 マイナー契約LAA (2004年) 公式戦出場なく退団して2006年引退。
村上雅則
日本人初のメジャーリーガー。 SF (1964年~1965年)1966年 日本球界(南海)に復帰後、1982年日本ハムで引退。
森慎二
2005年西武からポスティングシステムを使いメジャーへ。 TB (2006年~2007年) 公式戦出場なく退団。2009年日本の独立リーグに入団、現役続行中。
藪恵壹
2004年阪神からFA行使でメジャー移籍。OAK (2005年), SF (2008年~2009年) 2010年日本球界(楽天)に復帰後戦力外通告をうけ、2010年12月引退。
薮田安彦
2007年ロッテから海外FA権を行使してメジャー移籍。 KC (2008年~2009年) 2009年日本球界(ロッテ)に復帰後、2013年9月引退。
吉井理人
1997年ヤクルトからFA権を行使してメジャー移籍。 NYM (1998年~1999年), COL (2000年), MON (2001年~2002年) 2003年日本球界(オリックス)に復帰後、2007年引退。
和田毅
2011年ソフトバンクから海外FA権を使いメジャー移籍。 BAL (2012年~2013年) 公式戦出場なく退団後、歌舞すとマイナー契約。
斎藤隆
2006年ベイスターズからドジャースとマイナー契約で移籍。 LAD (2006年~2008年), BOS (2009年), ATL (2010年), MIL (2011年), ARI (2012年)2012年日本球界(楽天)に復帰後、現役オリックスで現役続行中。
佐々木主浩
1999年ベイスターズからFA権を使いメジャー移籍。 SEA (2000年~2003年) 2004年日本球界に(ベイスターズ)復帰後、2005年引退。
田澤純一
メジャーリーグ挑戦をドラフト前に行い田澤問題となった。 BOS (2009年~)
ダルビッシュ有
2011年日本ハムからポスティング・システムを利用して、メジャー移籍。 TEX (2012年~)
田中将大
2013年楽天イーグルスからポスティング・システムを利用して、メジャー移籍。 NYY (2014年~)
マイケル中村
オーストラリアからメジャー行き。 MIN (1998年~2003年), TOR (2004年) 2004年ドラフト指名され日本球界に移籍(日本ハム)、2012年西武で引退。日本とオーストラリアの二重国籍。
マック鈴木
高校生の時にアメリカへ渡り球団練習生からスタート。1996年にメジャーデビュー。 SEA (1994年~1999年), NYM (1999年), KC (1999年~2001年), MIL (2001年), COL (2001年), KC (2002年)2003年ドラフトで日本球界(オリックス)に移籍後、マイナー契約、メキシカンリーズ、台湾、独立リーグなどを経て引退。
プロの指導がうけられるクリニック